喜多方食堂 麺や[玄]佐倉分店 「JR佐倉駅/佐倉市」

小四郎の地元、千葉県は佐倉駅周辺で新規開拓!!以前から気になっていた佐倉駅の喜多方ラーメン屋で、なんとも不思議な麺に遭遇?!さらにメニューにない隠しメニューもオーダーしたった!の巻

3.0
ラーメン
蔵出し醤油ラーメン
投稿日
2015年10月05日
ライター
小四郎
佐倉 喜多方ラーメン 外観
佐倉 喜多方ラーメン
蔵出し醤油ラーメン
3.0

ラグビー日本代表が盛り上がっていますが、例にもれず「にわかラグビーファン」になっております小四郎です♪

ラグビーはファールの種類が多くてルールを把握するのに少し時間がかかりましたが、ある程度ルールが理解できるとおもしろいですね。とりあえず、サモアがスコットランドに勝ってくれれば夢の予選突破が見えてくるはずなので、来週はラグビーから目が離せません!!

というわけで、10月第1週というと、僕は毎年なぜか何かを始めたくなります。
今年は運動不足がかなり深刻な状態だと実感していて、ジョギングをはじめようと思い立ち、2日前にかるく3km程スロージョグ(8~9分/km)をしただけで足パンパンで全身筋肉痛なのです(´◔౪◔)۶ヨッシャ!

そんな筋肉痛で下半身がいうことを聞かない日曜日の午後、昼食を食べてないことを思い出し、ラグマン2014タンメンしょうやでも行こうかなとダラダラと身支度をして、佐倉駅方面に向かいます。

鏑木交差点で停止していると、以前から気になっていた喜多方ラーメンの存在を思い出し、ラグマン2014は今度にして喜多方ラーメン屋へ目的地を変更。

時刻はすでに夕方16:00。

佐倉 喜多方ラーメン 外観
喜多方食堂に到着

JR佐倉駅から徒歩5~6分程度の位置でしょうか、喜多方食堂 麺や[玄]に到着です。
佐倉周辺はもとより、千葉のラーメン店は基本的に駐車場があるのが当たり前だけど、都内まで車で頻繁に行き来する僕には毎回ありがたみを感じます。店前に駐車し、さっそく中へ入りましょう!

ki03
喜多方食堂の店内

店内に入ると、郊外店らしいゆったりとした作り。
食堂と冠するにふさわしく、ラーメン店というより、食堂ですな。
店内も清潔で、落ち着いた雰囲気といえます。

先客は6組とカウンターに1人。
スタッフに促され、カウンターにドカリと座り、メニューに目を通すことに。

佐倉 喜多方食堂のメニュー

ki04
佐倉 喜多方ラーメンのメニュー
喜多方食堂のメニュー

喜多方食堂のメニューは喜多方ラーメンの「蔵出し醤油ラーメン」と「蔵出し味噌ラーメン」の2枚看板。
ほかに佐倉店ならでは?の「佐倉上タンメン」や「朝塩ラーメン」「梅塩ラーメン」「きたかタンタン麺」など、やや趣向のこらしたメニューも気になりますね。

本日のオーダー

「蔵出し醤油ラーメン」+ 「半本鮪丼」

本日のオーダーはやはりベーシックな「蔵出し醤油ラーメン」でしょう。まろやかとすっきりのチョイスは「すっきり」を選択。麺はかため。

今日は特別ハラヘリなので、何か1品追加したいなとメニューを眺めていると、本鮪丼が実にうまそう。ラーメンに鮪丼ってなんか新鮮な組み合わせやな~と興味がわき、半本鮪丼のセットで行くことに決定!!

んがっ!!

半本マグロ丼がまだ準備中で、ネギトロ丼なら用意できるとのこと。
シメシメです。
ネギトロ丼はメニューに載っていないので、隠れメニューをオーダーができるのはラッキー!!!
ではではそのネギトロ丼(300円)をお願いしまする!!

というわけで、最終オーダーは

「蔵出し醤油ラーメン」+ 「半ネギトロ丼(隠れメニュー)」

で決定!!

ご到着

オーダーして約5分、先にネギトロ丼のご到着

ki09
半ネギトロ丼のご到着

半ネギトロ丼のくせに結構ボリュームはありそうです。茶碗大の器にご飯が敷き詰められ、上にテニスボールくらいの大きさでネギトロが乗っかっています。

一口クチにすると、おおおおおおおお~!!!!!
こいつはウマイッ!!!

まったりとしたネギトロをたっぷりご飯と共にクチにほおばると、トロとネギの旨みと香りがバランスよくクチに広がり、ハラヘリの僕にはそのまま全てを掻きこんでしまいたいくらいの勢いです。
ネギトロをケチっていないというか、ちょっと多すぎるくらいのバランスが◎ですね。
ネギトロ丼で正式メニューにしてもいいんじゃないですか?

と、ネギトロ丼と格闘をしていると、続けて本日の本命、
「蔵出し醤油ラーメン」のご到着\(^o^)/

蔵出し醤油ラーメンのご到着

佐倉 喜多方ラーメン
喜多方食堂 蔵出し醤油ラーメン

見ためはいたってシンプルの醤油ラーメン。シンプルだけに、どこか美しさを感じるのは僕だけでしょうか?

喜多方ラーメンらしく、中太のちぢれ麺にチャーシューが3枚とメンマがトッッピングしていますね。麺のボリュームがややありそうなので、半ネギトロ丼と合わせて完食できるかがちょっと不安です。それでは、お約束通りスープからいってみましょう♪

スープの儀

ki07
透明度の高い褐色系醤油スープに期待大!

お約束どおり、スープをレンゲにすくい、色と透明度を確かめ、一杯だけ口に含みます。
期待できそうな透明度のある醤油スープ。
しょうゆのテイストは… これはまさに前回の稲毛の千葉ラーメン「ボンズ」の昔ながらの中華そばに近い、懐かしい中華そば系の醤油風味に、魚介の深みある旨味。

一瞬、「あ、ウマイぞコレ」と感じるも、
なんだか濁りのある後味。

う~ん、ちょっと微妙かも。

メニューにはこんなこだわりが書いてある。

~伝統製法で毎日炊く「秘伝の醤油スープ」~
毎日、食材をじっくりと煮込み、旨みを最大限に引き出したスープに、”アゴ”を一つ一つ丁寧に炙って漬け込んだ、麺や玄特製「アゴだし醤油」を合わせた、本場喜多方より70余年続く伝統ある製法で創られた一杯です。

アゴだし醤油を使った伝統ある製法らしい。
確かに旨みに深みがあり、甘みがあってウマイけど、どことなく濁りがある感じが僕の好みと少しズレているんでしょうね。まあ、スープはまあまあという事で。

なんだこの麺ワっ!!!?

佐倉 喜多方ラーメンのツルツル麺
喜多方ラーメンらしい中太ちぢれ麺ですが…

なんだこの麺ワーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

喜多方といえば、中太のちぢれたヒラヒラとした麺が特徴ですが、この喜多方食堂の麺、実に麺がツルツルなのです。
もう、違和感があるくらいツルツルしています。

ツルツルしすぎて、なんだか物足りない感があるのか、違和感があるのか、変な感じなので、あわててメニューをめくって確かめると、

「加水率43%!!喜多方の熟成麺は、ヘルシー多加水麺」

こんな文句がうたってあり、本場喜多方より直送されているらしい。。

麺に水分が多いから、グラムあたりの摂取カロリーは抑えられるからヘルシーです!
確かにそうでしょうね。でも、ツルツルしすぎなんです!!!!!

そんなツルツル麺にやや首をかしげながら麺をすすりあげるも、なかなか麺量がある。
なんとか全ての麺を平らげ、スープをちょびちょびするも、あ、まだネギトロ丼が半分残ってる!

麺もご飯も想像より一回り多かったので、完全に容量オーバーだなこりゃ。。。

しかしオーダーしたからには全て完食するのが大人の礼儀というもの。
強引にネギトロ丼をクチにかき入れ、両頬を膨らましたままお会計を済ませ、そそくさと店を後にする小四郎でした。

喜多方食堂 佐倉 看板
看板(喜多方食堂 麺や「玄」佐倉店)

佐倉駅の新規オープンラーメン店「丹治(たんじ)」の記事も要チェックやっ!!!

ラーメン店詳細情報

来店日2015/10/04
店舗名喜多方食堂 麺や[玄] 佐倉分店
注文品蔵出し醤油ラーメン(すっきり)・半ネギトロ丼(非公開メニュー)
お値段600円・300円(税別)
本日の満足度 3.0
所在地 千葉県佐倉市表町4-1-1
最寄駅JR佐倉駅 徒歩5~6分

喜多方食堂 麺や[玄] 佐倉分店 地図

千葉県佐倉市表町4-1-1周辺地図
ページ上部へ