ラーメンショップ 松ヶ丘店 [千葉市中央区]

本日:土曜日、現在:14時50分、まあまあ暖かい春の昼下がりである。 連れとともに「ラーメンショップ 松ヶ丘店」にやって来た。 この後は、近くの桜の名所である「青葉の森公園」を散策する予定なのだ。 引き戸を引き、同店に入…

4.0
ラーメン
バターラーメン
投稿日
2014年04月05日
ライター
Mr. X
バターラーメン(ラーメンショップ 松ヶ丘店 [千葉市中央区] )
バターラーメン(ラーメンショップ 松ヶ丘店 [千葉市中央区] )
バターラーメン
4.0

本日:土曜日、現在:14時50分、まあまあ暖かい春の昼下がりである。
連れとともに「ラーメンショップ 松ヶ丘店」にやって来た。
この後は、近くの桜の名所である「青葉の森公園」を散策する予定なのだ。

引き戸を引き、同店に入る。先客は男性2名。
タクシー運転手とバイク乗りだ。
店先にタクシーとバイクが停車していたからわかる。
これがプロファイリングというものだ。

お店のカウンター内のキッチンで切り盛りしているのは、女性店員さん一人。
年の頃なら65歳くらいだろうか。
私の母と同世代なので、お母さん店員さんと呼ぼう。

本日は花見気分なので、まずは、ビールと餃子で乾杯だ。
麺を注文する前に瓶ビール1本と餃子一枚をオーダーした。


瓶ビール

傍らに目をやると、タッパーに入った手作りであろう白菜の浅漬けが、重ねられた小皿といっしょにL字カウンターの直角部分に置かれている。
食べて良いのかとお母さん店員さんに尋ねてみると、自由に食べて良いとの事だったので、小皿に盛って食す。
シャキシャキの白菜と程よい塩加減で、ことのほか美味い。
連れが私の大好きな葉っぱの部分(芯でない方)をたくさん盛ってくれたので、なおさら美味い。
これはビールのいいあてになる。

さて、麺は何にしようか。
初めての店では、一番オーソドックスなラーメンを注文すると決めている。
同店であれば間違えなくしょうゆ味の「ラーメン」である。
しかしラーメンショップ系のしょうゆ味ラーメンのスープは知り尽くしている。
そこで、今日は初めての同店であるが、あえて奇をてらい「メンマラーメン」だ。
という事で「メンマラーメン」をオーダーした。ちなみに連れは「ネギミソチャーシュー」だ。

しばらくするとまずは餃子が配膳された。
これ以上も以下もない、オーソドックスで間違えのない、ラーメン屋さんの元祖餃子といえる餃子だ。
キャベツの甘みが十分であり、焼き方も申し分ない。餃子を頬張りつつのビールは最高だ。


餃子

するとお母さん店員さんが、「メンマラーメンは辛いけど大丈夫?」のような事を聞いてきた。
よくよく聞いてみると、同店のメンマは黒コショウで味付けされ少々辛いタイプのようであった。
あぁ、おつまみメンマでたまにある、黒コショウ和えのやつですね。
私は辛いの苦手であり、メンマくらいなら多少辛くても出てくれば食べるが、今日はそんな気分ではなかった。
なので、良くぞ聞いてくれたお母さん店員さん。細やかなお気遣いに感謝。ありがとうございます。
こういうところで対応の良し悪しが出ます。この気配りは評価すべきポイントであり、流石はお母さん店員さんなのだ。

「メンマラーメン」の進路が断たれ、進路変更をせまられた。
「のりラーメン」と迷った末、「バターラーメン」をオーダーする事にした。
今日はバターな気分であり、バターしょうゆってたまに食べると美味しいんですよね。

餃子と白菜浅漬けをつまみにやっていたビールがなくなりそうな、そんな絶妙なのタイミングで麺が配膳されてきた。
お待ちかねの「バターラーメン」と「ネギミソチャーシュー」だ。
最初の印象としては、まず器が大きい!(面積が広い)
でもその分、器の深さは浅いのです。
食べ進めるうちに分かるが、この器は冷めやすいです。
猫舌の人にはいいかもしれないが、私はずっと熱々でいただきたい派なのだ。
でもまぁ、そんなにダラダラ食べているわけでもなく、冷める前に完食できるので良しとしよう。

そして味だが、この懐かしい感じの何ともいえない「とんこつ風しょうゆ」は本当に旨い。
前回の「サん太」に、スープの系統は似ている。
バターの風味が相まって、鼻から抜けるバターしょうゆが心地良い。
寒い季節なら味噌バターでしょうが、今の時期なら断然しょうゆバターなのだ。
チャーシューはそこそこ厚みがあり、噛み応えのある肉肉しい逸品。自家製であり手作りとみた。

麺をすすりつつ視線を厨房にやると、お母さん店員さんが何やら作業をしている。
包丁を片手に、白髪ネギを一生懸命刻んでいます。ネギラーメン用のネギでしょうか。
傍から見ていると、仕事がとても丁寧だ。見ていてとても安心する。そう、安心してラーメン作りを任せられるのだ。

お母さん店員さんの笑顔、気遣い、作業、そして安心するとんこつ風しょうゆ。
ここは思い切って 星4つ とさせていただきます。

スープを平らげ、ご馳走様でした。

そういえば、去年も同時期に同店から程近い「ニューラーメンショップ」で同じことやっていた。
お花見散策前の腹ごなしとして、ラーメン・餃子・ビールは欠かせない私の風物詩となりそうだ。
来年はどこでやろうか今から考えておこう。
そして、今年も満開の桜を見れることに感謝です。


連れの注文品: ネギミソチャーシュー

看板

満開の桜

ラーメン店詳細情報

来店日2014/04/05
店舗名ラーメンショップ 松ヶ丘店
注文品バターラーメン
お値段600円
本日の満足度 4.0
所在地 千葉県千葉市中央区松ヶ丘町13-8
最寄駅

ラーメンショップ 松ヶ丘店 地図

千葉県千葉市中央区松ヶ丘町13-8周辺地図
ページ上部へ