餃華堂本舗 [蘇我駅/千葉市中央区]

「黒ラーメン」を食すため、ウォーキングがてら同店を訪れた。 お店の前に立つと、まず最初に店名に悩まされる。看板には「The Gyoza」、暖簾には「餃華堂本舗」とある。どちらでも良いのだが、個人的には「餃華堂本舗」の方が…

3.0
ラーメン
黒ラーメン
投稿日
2013年05月04日
ライター
Mr. X
黒ラーメン(餃華堂本舗 [蘇我駅/千葉市中央区] )
黒ラーメン(餃華堂本舗 [蘇我駅/千葉市中央区] )
黒ラーメン
3.0

「黒ラーメン」を食すため、ウォーキングがてら同店を訪れた。

お店の前に立つと、まず最初に店名に悩まされる。看板には「The Gyoza」、暖簾には「餃華堂本舗」とある。どちらでも良いのだが、個人的には「餃華堂本舗」の方が好感が持てる。
「ザ・焼肉」という店名の焼肉店があるが、あまり美味しそうな印象を受けない。「The Gyoza」も同じ理由でなんだかなぁという感じである。

次に悩まされたのが「餃華堂本舗」の「餃華」は何と読む?ということだ。調べてみると「餃」という字は餃子の「ギョウ」の他に「キョウ」「コウ」とも読めるようだ。だから三択で「ギョウカドウ」「キョウカドウ」「コウカドウ」のどれかだ。わざわざ店員さんに聞くほどのことでもないので今回はスルーしときます。
 コミュニケーション上、どうしても同店を表現する必要がある時は「マルエツ前の黒ラーメンのお店」で通じるはずです。

では、いざ「マルエツ前の黒ラーメンのお店」に突入します。
ガラガラとガラス戸を引き店内に入るとカウンター席のみの小さな空間が現れました。結構せまいです。先客は2名。連れと二人でカウンターに腰かけ、メニューに目を通します。
麺類は「黒ラーメン」の他に「坦々麺」「つけ麺」があり、壁に書かれたメニューには「各種餃子」をはじめ、「牛丼」「カレー」「しょうが焼き」等々のB級グルメのオンパレード。店外からは想像もつかない程、豊富なラインナップです。
冒頭でも書きましたが、今回は「黒ラーメン」を目当てにやってきたので、他のメニューはどうでもいいのです。店員さんに一声かけ、「黒ラーメン」をオーダー。
連れが餃子も食べたいと言うので「チーズ入り餃子」290円也もオーダー。
待っている間、店内に貼られたメニューを見返していると、まず最初に餃子がやってきました。熱々のが6個、見た目は旨そうです。醤油を付けてパクッとひとくち。皮ぱりぱりモチモチの標準的な餃子です。チーズは余計だったかな、と個人的にはチーズとの相性はあまりよくない印象を受けました。

2つ目の餃子に手を伸ばそうとすると、「黒ラーメン」がやってきました。さすが「黒ラーメン」、スープは黒いです。
余談ですが、「黒ラーメン」とは「竹岡ラーメン」の事を指します。

竹岡ラーメン(たけおかラーメン)・竹岡式ラーメンとは、千葉県内房周辺で作られているご当地ラーメンである。竹岡ラーメンの特徴は独特の作り方にある。スープは、醤油ダレに麺茹でに使用した湯(または何も入れず沸かした湯)を入れるのみである。その醤油ダレにはしっかりと肉のうま味が溶け込んでおり、湯を加えることで見た目は濃いがまろやかな味のスープとなる。薬味には玉葱の角切りを使う。発祥は千葉県富津市竹岡(漁師町)にあるラーメン店「梅乃家」(うめのや)と「鈴屋」(すずや)。創業は鈴屋の方が古いが、梅乃家が発端となって竹岡ラーメンは普及した。by Wikipedia

本当は元祖「梅乃家」で食してみたいが、なかなか出向く機会もないので、今回こちらの「マルエツ前の黒ラーメンのお店」で食すことになった次第です。

さて「黒ラーメン」ですが、配膳時に店員さんから「穴の開いたレンゲは、玉ネギをすくうのに使ってください」と伝令が。なるほど、丼の中には2つのレンゲの姿があります。味噌ラーメンのコーンをすくう専用の穴あきレンゲと同じですね。なかなか気配りがあっていいじゃないですか。こういうの好きです。

では、いざ実食。見た目は真っ黒なスープですが、それに比例して濃いわけではありません。かといって薄くもないのですが。
ダシですが、元祖「梅乃家」のようにチャーシューの煮汁は使っていないようです。その代わり鰹を使っています。鰹のほどよい風味が口に広がります。これはこれで美味しいですが、想像していたチャーシュー煮汁でなかったのでざんねんです。

気を取り直してお次は麺。麺もほんのり黒いです。麺の表面がこの黒いスープを吸っているので黒いです。味、食感はいたって普通です。

トッピングは、チャーシュー、ワカメ、メンマ、海苔、きざみ玉ネギ。特筆すべきは、やはり「きざみ玉ネギ」でしょう。先ほど伝令のあった「穴あきレンゲ」で玉ネギをすくって食します。甘いです、玉ネギ。季節がら新玉ネギを使っているからでしょうか、甘いです。鰹のスープと良く合います。

麺、トッピングを食べ終え、ごちそうさまでした。
やはりちょっと醤油が強いのか、水を3杯ほど飲んでしまいました。


チーズ入り餃子

暖簾

ラーメン店詳細情報

来店日2013/05/04
店舗名餃華堂本舗
注文品黒ラーメン
お値段390円
本日の満足度 3.0
所在地 千葉県千葉市中央区南町3-18-8
最寄駅JR蘇我駅

餃華堂本舗 地図

千葉県千葉市中央区南町3-18-8
ページ上部へ