こだわり拉麺 一恭 [学園前駅/千葉市中央区]

「素材を活かし手間を惜しまず」というコピーがぴったりのラーメン店です。

4.0
ラーメン
投稿日
2015年07月19日
ライター
Mr. X
こだわり拉麺 一恭 - ラーメン(並)
こだわり拉麺 一恭 - ラーメン(並)
4.0

ども、Mr. X です!

煮干しラーメンを食すため、本日はこだわり拉麺「一恭」さんにやって来ました!
まずはお店のガラス面に貼られた食欲がそそられる看板をパシャリ。

食欲がそそられる看板

食欲がそそられる看板

「煮干し系」いい響きです。
特に「系」という表現が何とも言えず良い表現です。
太陽系、外資系、理系など、系は系統を示す言葉ですが、ふと疑問に思い調べてみました。

コトバンクによると

  • けい【系】
  • ある関係をもって、一つのつながりやまとまりを示すもの。

英語では、内容により数種類の表現があるようです。

  • 太陽系
  • the solor system
  • 理科系
  • the science course
  • ドイツ系アメリカ人
  • an American of German descent

話をラーメンに戻し、それでは早速お店に入りましょう。

本日は関東地方で梅雨明けが宣言され、気温は 33 ℃であり、ということで猛暑であり、とっても暑いので外に出歩くだけでクラクラしてきます。
もちろんお店の中は適度に冷房が効いており、汗もサッと引きます。
券売機にて「並」700円(麺150g)を購入し、カウンター越しの女性店員さんに食券を手渡します。
席は一番奥のカウンター席に案内していただきました。

待っている間、同店のラーメンに対するこだわりを拝見。

ラーメンに対するこだわり

ラーメンに対するこだわり

化学調味料を一切使うことなく、厳選されたカタクチイワシの煮干しを贅沢に使用しているとの事。
その他に、鰹、さば節、鶏ガラ、ゲンコツ、モミジ、野菜を弱火で4時間じっくり煮込んで、存分に旨味を抽出した天然出汁スープとのことです。

さらに、麺が新しくなったようです。

麺が新しくなりました

麺が新しくなりました!
  • 国産小麦 100 %
  • 卵不使用
  • 多加水(モチモチ)

これは期待できるということで、待つこと5分、ラーメンの並が運ばれて来ました。

では、いただきます!

スープ

煮干し出汁の醤油スープ

煮干し出汁の醤油スープ

綺麗に透き通った煮干し出汁の醤油スープ。
ひとくち口に含むと、確かに煮干しです。独特の酸味と共に、しかし煮干しが誇張し過ぎず、適度な風味を醸し出しています。
なかなかの薄味であり、これは素材の味を活かさないと出せない、決して人工では出せない味なのです。
本物の天然出汁であることがうかがい知れる、至高のスープであることが確定しました。

モチモチの麺

モチモチの麺

確かにモチモチしています。
そして、未だかつてこんなに白い麺(そうめん、冷や麦を除く)があったでしょうか?
ラーメンの麺において、この白さは初めての経験です。
卵を使っていない麺ということで、小麦粉以外の雑味がまったくありません。
この繊細なスープと共存できるのは、これくらいシンプルな麺だという判断でしょうか。
麺とスープは非常に良く合います。

チャーシュー

肩ロースのチャーシュー

肩ロースのチャーシュー

厚めにスライスされた肩ロースのチャーシュー。
こちらも薄味であり、噛みしめるほどに肉本来の肉の味が堪能できます。
濃い目に味付けされたチャーシューは白いご飯との相性は良いですが、やはりこのスープにはこれくらい薄味でないと務まりません。

らー茶

らー茶

らー茶

同店には「らー茶」なるラーメン茶漬けがあります。
残ったスープの中に半ライスと岩のりを入れてお茶漬け風に食すというものです。
実は同店の訪問は今回で2度目なのですが、次回は「らー茶」を食べてみたいと書いていました。(前回のエントリー

らー茶セット

らー茶セット

胃袋との相談の結果、まだ空きがあったので今回は締めに「らー茶」を注文してみました。

  • らー茶セット(140円)
  • 半ライス:70 円
  • 岩のり:70 円
らー茶の完成です!

らー茶の完成です!

半ライスと岩のりを投入し、「らー茶」の完成です。
ちょっとお下品?かもしれませんが、お店が薦めているのでこれでいいんです。
岩のりが入ることで、ビジュアル的にもそこそこ成立しています。
まぁアリではないでしょうか。

岩のりとの相性は抜群

岩のりとの相性は抜群

岩のりが出汁を吸って、更に風味を増しています。
やはり海のもの同士、節系と岩のりは相性が抜群です。
これは「旨しぇすと」です。

旨しの三段活用、忘れないでください。

  • 旨し
  • 旨しゃー
  • 旨しぇすと

総評

天然素材にこだわって丁寧に作られた出汁スープはとても好感が持てます。
化学調味料を一切使わない、と言うのは簡単ですが、実践してそれを継続するのは考えている以上に大変なことだと思います。
「素材を活かし手間を惜しまず」というコピーがぴったりのラーメン店です。
これからも美味しい煮干し出汁のラーメンを作り続けてください。
店員さんの接客もとても良く、また食べに行きたくなる系のお店です。

暖簾

暖簾
看板

看板

ラーメン店詳細情報

来店日2015/07/19
店舗名こだわり拉麺 一恭
注文品並 + らー茶セット
お値段700円 + 140円
本日の満足度 4.0
所在地 千葉県千葉市中央区生実町2524-1 藤間ビル1F
最寄駅京成ちはら線学園前駅

こだわり拉麺 一恭 地図

千葉県千葉市中央区生実町2524-1周辺地図
ページ上部へ